僕の愚かな生き方を聞いてほしい

僕の愚かな生き方を聞いてほしい

1: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 16:03:15.95 ID:wWBw1MFD0.net
初めての書き込みですが、誰でもいいから聞いてもらえればと思います。

4: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 16:06:16.58 ID:8z8DFRA/0.net
これは聞く価値無いですわ…

5: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 16:07:10.79 ID:wWBw1MFD0.net
僕は、小学生の時は、勉強が好きで、クラスでもよくしゃべる方でした。
5年生の終わり頃、自分から塾に行きたいと親に言いました。
入塾当初は、中学受験のことは僕も親も考えていませんでした。
塾の先生の言われるがまま、周囲の生徒と同じように受験しました。
3つの学校を受けて、第1志望に落ち、残り2つは合格できました。
受験が終わった後に、公立に進むか私立に進むか悩みました。
僕は、クラスの友達と一緒の公立に行きたい気持ちがありました。

11: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 16:16:30.36 ID:wWBw1MFD0.net
自分でも死ぬべきと分かってます。
聞いてくれる人が一人でもいれば、続けさせてもらいたいと思います。

当時、僕の住む田舎では、中学受験する子は珍しく、
知らぬ間に他の同級生が僕の受験のことを知ってました。
そして、受験直前くらいから、僕は私立に進むという理由で、周囲と距離が生まれていきました。
昼休みや放課後に一人で過ごす時間が増えていったような気がします。
当時の僕はそこまで深く考えていませんでした。
けれど、卒業式の日、仲良い友達同士で話す中、僕は誰に話し掛けても無視されました。
小学校最後の日、クラス全員から無視されて大変ショックを受け、強烈な思い出となりました。

12: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 16:20:18.63 ID:wWBw1MFD0.net
結局、中学は私立に進学しました。
強いショックを引きずったままでしたが、
中学では新しい友達もでき、勉強も頑張っていました。
最初は普通くらいだった成績も、頑張ることで少しづつ良くなりました。
けれど、それまで成績が良かった同級生からは疎ましい存在に映ったようでした。
言葉や暴力の嫌がらせを受けたりしました。
その中には友人だと思っていた人もいました。
中学2年の夏休みが明けた次の日から、僕は学校に行かなくなりました。

16: 鴉 ◆RAVEN..YEA @\(^o^)/ 2015/05/30(土) 16:25:09.82 ID:syFOR1Q50.net
なんかよく見る話だな

17: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 16:31:39.90 ID:wWBw1MFD0.net
誰かに聞いてほしいから書こうと思いました。
いい話でもないし、よく見る程度の話かもしれませんが、とりあえず続けさせてもらいます。

不登校になった理由は色々あったと思います。
家庭内で両親がうまくいっていないことや、小学校の卒業式の思い出がトラウマになったこと。
勉強を頑張っても、どこか満たされない思いがあること。
色んな事が絡み合って、何もやる気が起きなくなり、息切れしたんだと思います。
当時、電車通学してましたが、自宅と駅の間にあるお店のおじさんが、
僕の表情が暗くて心配していたことを母親に話していたようでした。

20: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 16:39:27.48 ID:wWBw1MFD0.net
不登校になってからは、毎日家で過ごし全然家外出しなくなりました。
ほとんど寝て過ごしていました。
両親も教師も当初は本人の意思に任せるような感じでした。
けれど、長期化するにつれて、 どうにか学校に行くように両親も動きました。
中学3年生の途中になり、無理やり連れて行かれる形で久しぶりに学校に行きました

21: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 16:44:10.19 ID:wWBw1MFD0.net
1年ぶりくらいに学校に行き、付き添いの父が、
皆の前で僕のことをよろしくとお願いしてました。
自分も周りの同級生もどうしらいいいのか分かりませんでした。
その日は、何となくイスに座って一日過ごしていたと思います。
それでも、多少の変化はあり、少しづつ学校に行くようになりました。
週に1日か2日行くといった感じで、欠席の日の方が多かったです。
中高一貫だったため、欠席日数が多くても、成績が悪くても、高校には進学できました。

22: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 16:55:30.36 ID:wWBw1MFD0.net
高校生になっても出席と欠席を繰り返していました。
けれど、今のままではいけないと自分でも思うようになり、
何かきっかけを見つけようとクラブ活動に加入しました。
楽しいこともあったし、日頃の活動は自分なりに頑張ったつもりでした。
けれど、大会に出場したり、人前で発表することなど、より積極的な活動は自分には重荷でした。
うまく変われない自分に気付くと、自分が嫌になりました。
部活動の顧問や先輩からも、話し方が変とか、表情が暗いと時々言われました。
自分では普通のつもりでもやっぱり変なのかと、人に言われるとショックを受けました。
どうにか自分を変えたいと思っても、なかなかうまくいきませんでした。

24: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 17:02:38.55 ID:wWBw1MFD0.net
ありがとうございます。

勉強の方もうまくいきませんでした。
授業に出ていなかったため、出席しても内容をきちんと理解できませんでした。
中学から高校になって、内容も難しく、スピードも速く感じられ、さらに遅れるようになりました。
赤点も取りましたが、中高一貫だったので、レポートなどの救済措置がありました。
出席日数が足りない教科もありましたが、何とか2年生に進級できました。

25: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 17:13:20.75 ID:wWBw1MFD0.net
2年生になっても出席と欠席を繰り返し、勉強もどんどんついていけなくなりました。
負の連鎖につかまったようでした。
ダメ人間の烙印を押されたような感じで、周りからもそんな目で見られました。
自分の世界が少しずつしぼんでいくような、そんな感じでした。
再び学校から足が遠のき、自分の部屋の中の世界に閉じこもるようになりました。
孤独な暗い世界に閉じこもっていると、次第に自分の存在意義も生きている意味も分からなくなってきました。
ある日、衝動的な行動を取った僕は、救急車で運ばれました。
どこか様子がおかしかったのか、母が異変にすぐ気付いたお陰でした。
その日から学校には行かなくなりました。

26: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 17:19:47.44 ID:wWBw1MFD0.net
直後、親や医者が色々と僕に話していましたが、病院から退院した僕の耳には入りませんでした。
家に戻り字がうまく書けないことに気付き、死ぬことすらうまくいかない自分になぜか泣けてしまいました。
その時は、単に失敗したからもう一度死のうと思っているだけでした。

27: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 17:28:52.73 ID:wWBw1MFD0.net
休んでいる間に学校をどうするかという話になりました。
僕は学校を辞めると言いましたが、担任は親に休学にするように話しました。
親は、不登校児などが行き直す高校への編入やフリースクールについても調べたりしていました。
自分は投げやりな気持ちだったので、どうでもよい気持ちでした。
親や親戚のおじさんから色々と話を聞かされ、仕方なしに休学に同意しました。
その時の本心は、復学の意思はありませんでした。

28: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 17:33:48.95 ID:wWBw1MFD0.net
家にずっと引きこもっているのは良くないと、
親戚のおじさんが車で外に連れて行き気分転換をさせてくれました。
とりあえず翌年の4月まで学校に行かなくて済むことになり、
気持ちが少し楽になりました。
少しずつですが、学校に戻ることを考えるようになり始めました。

29: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 17:43:43.64 ID:wWBw1MFD0.net
同級生の中には成績が悪くて留年した子もいました。
その子は、1つ下の後輩についていけず、結局転校しました。
僕も、復学しても勉強につていけないことが心配というか恐怖でした。
2回留年したら退学の決まりでした。
少しずつ、家で自分で勉強するようにしました。
久しぶりに勉強しましたが、教科書を読むだけで苦労しました。

30: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 17:52:29.93 ID:wWBw1MFD0.net
理解するのに時間がかかっても、自分なりに数学や英語の教科書を読んで勉強しました。
テストなどがあるわけではなかったので、どれだけ理解できているのか不安でした。
1日1日が過ぎていき、ついに復学の日が来ました。
4月、久しぶりに登校すると、留年した子は職員室の向かいにある部屋に集められました。
数名いましたが、僕のような不登校の子は見た感じ自分だけでした。
知らない先生から、長い人生1年くらい遅れても気にするな、みたいなことを言われました。
励ましのつもりだったと思いますが、それよりも新しい教室に向かう恐怖が勝りました。

32: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 17:59:40.62 ID:wWBw1MFD0.net
教室に入り席に座りました。
周りの新しい同級生も異質な存在にどうしたら良いのか分からなかったと思います。
僕もただ、頭を下に向けて机をじっと見てました。
1人だけ隣の教室から、かつての同級生が来ました。
留年した僕のことが面白いらしく、大声で笑いながら馬鹿にされました。
不登校になる前から、僕の悪口を言う男でした。
さすがに良くないと思ったのか、他の元同級生が止めに入ってくれました。
僕はずっと机に突っ伏して1日やり過ごしました。
担任も新しい同級生も一言も声を掛けませんでした。

33: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 18:07:04.87 ID:wWBw1MFD0.net
呆れるような話なのに、見てくれてありがとうございます。
思い出しながら書いているので時間がかかりすみません。

学校が始まり、とりあえず通学はしました。
始めのうちは、やっぱり一人の時間が長かったです。
自分から周りに話し掛けることはありませんでした。
けれど、少しずつ話しかけてもらえるようになりました。
僕はどうやら1年間留学していたことになっていました。
僕の知らぬ間に担任がそう話していたそうです。
僕を見たら明らかに嘘と分かるはずなのに、誰もそんなことを言わず、
温かく迎えてくれました。
帰り道に一人でないことがとてもうれしかったです。

34: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 18:20:07.54 ID:wWBw1MFD0.net
同級生だけでなく先生たちも優しかったです。
色んな先生が折に触れて僕に声を掛けてくれました。
あまり良い印象を持っていなかった、僕のことなんて
覚えていないだろうと思っていた先生からも声を掛けてもらいました。
いつも上手く言葉を返せませんでしたが、僕はとても励まされ嬉しかったです。
一つだけ後悔していることがあります。
休学前に加入していたクラブの先生が、担任を通じて僕に戻ってこないかと誘ってくれました。
担任は繰り返し優しく話してくれましたが、僕には戻る勇気が持てませんでした。
どんな風に顔を合わせたらいいのか、何て言ったらいいのか分かりませんでした。
クラブの先生の姿は、中間試験などの試験監督などとして目にすることはありました。
けれどお互いに言葉を交わすことはありませんでした。
その後、クラブの先生は別の教科の先生と結婚して退職しました。
僕が何も話せないまま、先生はいなくなりました。

35: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 18:28:12.66 ID:wWBw1MFD0.net
環境が変わり、周囲の存在に恵まれたこともあり、
時々休むことはありましたが、以前よりはきちんと学校に行くようになりました。
勉強は大変でしたが、何とか頑張りました。
休んでいたつけは大きかったし、学年が違うことで授業の進め方も違い、
全然習っていない内容もありました。
授業とは違う内容を一人で勉強するのは時間がかかり疲れました。
先生の中には、僕が全く習っていないことも多いので、
いつでも教えてあげると心配してくれる人もいました。
とても嬉しかったけど、自分が悪いんだからという気持ちで、一人で何とかしようと考えました。

37: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 18:38:37.45 ID:wWBw1MFD0.net
僕はただ教科書を何回も繰り返し読んで勉強しました。
最初はどう勉強したら良いのかよく分からず、
学校帰りに本屋で勉強の方法を書いたものを読んで試したりしました。
けど、色々な方法がありすぎました。
短時間で理解できるとか、すごく良く分かるとか、裏技だとか。
ついつい言葉に魅かれて読んでみるものの、どれも変わり映えしなかったり、
長続きしませんでした、
試しては何か違うような、上手くいっていないような気持に何度もなりました。
だから、ノートの取り方を工夫したり、参考書を買ったり、
色々と小細工みたいなことをするのはやめました。
僕は授業を聞いては教科書を読むことをただ繰り返しました。

38: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 18:46:38.37 ID:wWBw1MFD0.net
長い話に付き合って下さってありがとうございます。

成績の方は、初めは赤点を取る教科もありました。
けれど、次第に良くなり、留年する心配はどうにか回避できるようになりました。
不登校になる前に頑張って勉強したことが少しは役に立ったのかもしれません。
3年生になると、少しずつ大学受験のムードになっていきました。
無事に卒業できるかが重要だった僕は、大学のことなんて考えていませんでした。
けど、そんな先の将来が僕にもあると思うと少し嬉しくなり、
これまで以上に勉強をがんばるようになりました。

40: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 18:55:39.06 ID:wWBw1MFD0.net
初めての大学受験は全部落ちました。
欠席日数が多い僕は調査書のことを心配したりしましたが、
どうやらほとんど関係なく、単に学力の問題でした。
けれど、その結果に僕はほとんど落ち込んでいませんでした。
無事に高校を卒業することができて、それが自分でもとても嬉しかったんです。
小学校の時とも、中学校の時とも違い、いい思い出の卒業式になりました。
最後の日にやっと笑えた気がしました。

41: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 19:17:19.95 ID:wWBw1MFD0.net
高校最後の2年間は決して意気揚々と登校することはありませんでした。
時折悲観的になったり、ふてくされたりしたこともありました。
3年生の時は、かつての同級生は卒業していました。
周囲の目を気にして毎日学校に通うのは辛かったです。
元同級生やその親に見つかり話し掛けられても、黙って逃げてました。

42: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 19:28:11.71 ID:wWBw1MFD0.net
僕が無事に卒業できたのは、両親、同級生、先生、色んな人のお陰でした。
新しい同級生は、他の同級生と同じように僕に接して話しかけてくれた。
先生は様々な機会に僕に目を掛け気にしてくれた。
両親は、お寺に行ったり色んな人に相談したりもして心配してくれた。
卒業式の日に、母が涙する姿をよく覚えています。
喜んでくれる周りの姿が嬉しく、僕は自分の学校に愛校心を持てるようになりました。

43: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 19:46:29.93 ID:wWBw1MFD0.net
高校を卒業すると、同級生に誘われる形で予備校に入学しました。
僕は大学へ行くことを決めました。
同級生がいて1人じゃないことも心の支えになりました。
予備校ではかつての同級生の一人にも会いました。
何年か振りに対峙したので、向こうから話しかけてくれるまで気付きませんでした。
予備校の授業は受験用に良く構成されていると思いました。聞いていて勉強になりました。
一方で、自分は相変わらず高校の教科書を繰り返し読んでいました。

44: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 20:02:36.90 ID:wWBw1MFD0.net
予備校の先生は一人一人個性的で話も面白かったです。
大学受験に対する心構えなど、勉強の励みになりました。
受験生時代に一生懸命夜遅くまで勉強していた話を聞かされると、
つい感化されて真似したりしました。
2回目の大学受験は無事に終わりました。
自分なりに頑張ったのが運よく結果につながったのか、
1回目の受験で落ちた学校にも合格することができました。

45: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 20:27:16.58 ID:wWBw1MFD0.net
合格発表の日、高校へ報告に行きました。
何人もの同級生や先生が祝福してくれ嬉しかったです。
担任から近くの喫茶店に連れて行ってもらいコーヒーをごちそうしてもらいました。
寿司をおごってくれる先生もいました。
自宅には、中学時代の教頭先生からも電話がありました。
予想もしていない人の祝いの言葉がとてもうれしかったです。
その日は同級生の家に久しぶりにたくさん集まって、次の日まで長い時間を共に過ごしました。

46: 俊@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 21:04:16.04 ID:wWBw1MFD0.net
大学ではゼミやサークルに入り新しい友人ができました。
同じゼミだった友人とは資格試験の勉強を一緒に勉強するようになりました。
高校を留年していたこともあって、僕は普通の会社に就職できるか心配だったので、
資格を取ろうと考えていました。
友人とは土日も一緒に勉強したり、遊びに行ったりしました。
とても楽しい思い出でした。

47: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 00:42:03.03 ID:xfpT2ete0.net
ゼミで知り合った友人のKはとても優秀で、頭脳明晰な彼に僕は単純に感心しました。
Kは、音楽やスポーツなど趣味も多彩で、僕に色々付き合って教えてくれました。
僕が入ったサークルは文化系のインカレサークルで、とてもゆったりした雰囲気で居心地の良い場所でした。
仲良くなったTは、とても話が上手で、いつも元気で一緒にいて楽しい存在でした。
Tはグルメで、良く一緒にお店に連れて行ってもらいました。
Tの趣味の世界も教えてもらい、秋葉原にも良く一緒についていきました。
Tは色々自分の話をしてくれましたが、僕はなかなか自分の話をすることができませんでした。
自分の高校時代などの話をしないことをTから指摘されると、心苦しい思いがしました。

48: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 00:55:35.55 ID:xfpT2ete0.net
僕が入った大学は、周りの人がとても優秀に感じられて、
どこか僕は自分のことを異質な存在に思ってしまうこともありました。
現役で大学に入ったかどうかをとても気にしているようなようすで、
とてもじゃないけど高校で留年したなど言える雰囲気ではありませんでした。
自分のことを正直に話せないまま、クラスやサークルの友人と付き合うのは、
何だか裏切っているようで心が痛みました。

50: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 01:02:24.91 ID:xfpT2ete0.net
懺悔するような気持で独り言している感じです。
言えずに終わったことを誰でもいいから聞いてもらえたらって気持ちです。

52: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 01:10:26.19 ID:xfpT2ete0.net
確かにそうですね。
吐き出したからって背負わなくて済むわけじゃないですよね。
とりあえず続き書きます。

サークルはインカレだったので、久しぶりに同年代の女性と知りあいました。
話しかけるだけで、とても緊張しました。
それでも入ったばかりの僕に周りはとても温かく迎えてくれました。
優しい子ばかりでした。
僕が彼女と出会ったのも、そのサークルでした。
飲み会の後に行ったカラオケでたまたま席が隣になり、始めて話しました。
年は違うけど同学年でした。

53: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 01:17:36.84 ID:xfpT2ete0.net
彼女の第一印象は、元気で明るい、といったものでした。
すごく伸び伸びした感じで、自分とはまるで違って、
とても羨ましくて好意を抱きました。
けれど、大学が違うのでいつも顔を合わせるわけでなく、
サークルで顔を合わせても恥ずかしくてなかなか話しかけれませんでした。

54: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 01:30:25.28 ID:xfpT2ete0.net
少しずつ彼女と話す機会はありましたが、同じサークルの一員という感じのままでした。
3年生になると、大学のキャンパスが変わりました。
勉強仲間のKと初めての資格試験を受けました。 
Kは惜しかったけど、僕はそこまで惜しくなく落ちました。
頑張ったものの、難しい試験でした。

55: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 02:01:42.18 ID:xfpT2ete0.net
キャンパスが変わり、思わぬ再会もありました。
予備校生だった時に会った、かつての同級生にまた再会しました。
彼の方から僕に話しかけてくれるまで僕は気付きませんでした。
2人で久しぶりに話すと、彼は色々と大変だったようでした。
家族の問題などもあり、一度大学を退学し、また復学したこと。名字が変わったこと。
話を聞いていて、人それぞれ色々とあるんだなと思いました。
復学した彼は、一生懸命勉強を頑張ると誓っていました。とても素敵だと思いました。

57: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 14:29:35.68 ID:xfpT2ete0.net
突然の出来事には、思わぬ再会のように良いこともあれば、
悪いこともありました。
母の兄に当たるおじさんが脳梗塞で倒れました。
すぐに救急車で運ばれましたが、発症した部分が悪かったらしく、
寝たきり状態になってしまいました。
目や口元がわずかに動く程度で、自分で体を動かすことも、
話すことも二度と出来なくなってしまいました。

59: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 14:42:52.06 ID:xfpT2ete0.net
僕の家庭は両親の仲が悪かったりして、小さい頃は特に、
母方の祖母の家によくいました。
幼稚園も祖母の家から通いました。
おじさんは、独身で、祖母と2人暮らしでした。
僕には父親のような存在でした。

60: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 14:52:07.80 ID:xfpT2ete0.net
僕はいつもおじさんにくっついていたみたいです。
小さい頃はキャッチボールしたり良く一緒に遊んでくれました。
おじさんは漁師でした。
僕が不登校になった時は、海に連れて行ってくれました。
おじさんは高校を辞めて中卒だと世の中厳しいと休学するように説得してくれました。
僕が救急車で運ばれた時も、すぐに駆けつけてくれました。
休学中も外の空気を吸うように車で外に連れて行ってくれました。
大学生になり、春休みに免許を取る際は、運転を教えてくれました。

61: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 15:02:38.64 ID:xfpT2ete0.net
おじさんは今でも病院のベッドで寝たきりのままです。
おじさんは僕なんかと違って誰からも好かれた存在でした。
僕が代わりになればと思います。
耳は聞こえているらしいけれど、僕はいつも何を話しかけたらいいのかよく分かりません。
おじさんが使うことのなかった財布を祖母から譲り受け今でも使っています。
大分痛んできたけれど、買い替えることができません。

62: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 15:17:57.25 ID:xfpT2ete0.net
大学3年の夏を過ぎると、就職活動の時期になりました。
僕も友人に誘われて説明会等に行きました。
その中で、国家公務員の説明会にも参加しました。
当初は就職先として意識していませんでした。
けれど、職員の方の話を聞くと、とても魅力的に思えました。

63: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 15:35:10.34 ID:xfpT2ete0.net
説明会の中である職員の方が、自分の価値観を大切にしてほしいと話していました。
僕は自分の大切にしている価値観、どんな仕事をしたいのか考えました。
中学高校時代のことを思い出しました。
同級生や先生のお陰で今の自分がいること、それが自分にとって重要な価値だと思いました。
生徒も先生も好きになるような学校を作れる仕事をしたいと思いました。
文科省に入ることを目指しました。

64: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 16:06:09.32 ID:xfpT2ete0.net
資格試験の勉強仲間だったKも公務員試験を受験するというので、
2人で一緒に勉強しました。
資格試験の勉強が役に立ちましたが、僕は教養試験に苦戦し、
1次試験はギリギリでした。
Kは励ましてくれましたが、結局2次試験で落ちました。

65: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 16:22:00.12 ID:xfpT2ete0.net
公務員試験は再受験することにしました。
留年ではなく、大学院に進学することにしました。
間もなくして、サークルの彼女から連絡がありました。
一緒に飲みたいとの誘いでした。
数ヶ月ぶりの再会だったと思いますが、少し緊張しました。

66: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 16:48:38.02 ID:xfpT2ete0.net
保険会社に就職した彼女は、まだ学生の僕に比べて、大人っぽく見えました。
特にお店を決めていなかったので、適当な居酒屋に入りました。
彼女から、入社間もない社会人生活の話を聞きました。
少し愚痴っぽかったけど、色々と大変なんだなと感じました。
帰り際、また会う約束をしました。

67: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 17:15:20.77 ID:xfpT2ete0.net
それから、彼女とは頻繁に会い付き合うことになりました。
2人で過ごす時間が長くなるにつれて、彼女は僕にとって大切な存在になりました。
ある日、自分の高校時代の話をしました。
ありのまま話し終わると、彼女はありのまま受け入れてくれました。
僕は少し解放されたような、気持ちが軽くなった感じがしました。

68: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 17:30:12.67 ID:xfpT2ete0.net
保険会社に勤めていた彼女は、自動車事故を担当していました。
男性が担当するような内容を受け持ち、彼女はとても大変そうでした。
精神的に参っているようでした。
会う度に彼女の表情から笑顔が段々と消えていきました。
車を見て泣いてしまう彼女の姿は、僕にはつらい光景でした。

69: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 17:53:44.77 ID:xfpT2ete0.net
連休を利用して、はじめて彼女と短い旅行に行きました。
気分転換になればという思いでした。
近郊で、温泉でゆっくりしたいという彼女の要望を受けて、熱海に行きました。
何だかいつもより時間がゆっくり流れているようで、
久しぶりにお互いくつろげた気がしました。
一緒に入った家族風呂、地元で採れた魚介の夕食、渡り廊下から見た星空。
今でもよく覚えています。

70: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 18:09:13.74 ID:xfpT2ete0.net
帰り道、海が見える坂道を駅へと向かい登り道を歩いていると、
みかんが木になっていました。
何となく珍しく立ち止まって暫し見てました。
彼女は、「こんな誰も知っている人がいない場所で一人で暮らしたい」
と言っていました。
「みんな心配するからそんなことしちゃいけないよ」と僕が言うと、
彼女は、時々手紙を書くから、と言っていました。
「探し回るよ」というと、その場の会話は終わりました。

71: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 20:54:04.35 ID:xfpT2ete0.net
帰りの車内で座っていると、珍しく彼女が頭を僕の肩に寄せてきました。
普段なら恥ずかしくて嫌がるけど、その時は目の前の乗客を忘れることにしました。
新宿に着くと、彼女の誕生日祝いに作ったペアリングをマルイまで受け取りに行きました。
ペアリングを嵌めるのは初めてと喜ぶ姿が嬉しかった。
細長い綺麗な指に、とても似合っていると僕は思いました。

73: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:12:14.08 ID:xfpT2ete0.net
旅行から戻ってからも、彼女の元気は戻りませんでした。
彼女は週末に外出する余裕がなくなり、以前のように毎週末会えなくなりました。
クリスマスイブの日は僕の自宅で一緒に過ごそうと思っていました。
プレゼントにネックレスを用意していましたが、結局その日は渡すことはできませんでした。
彼女から電話があり、病院でうつ病と診断されたと聞きました。

74: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:21:13.08 ID:PK7mInR80.net
激務だったんだな

75: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:24:31.42 ID:xfpT2ete0.net
その年は1人暮らしになって初めて、年末年始を実家に帰省しませんでした。
彼女が自分を1人にしていいのかと冗談で脅迫してきたからでした。
彼女は実家暮らしだったので正確には1人ではありませんでしたが。
僕はほとんど自炊していなかったので、スーパーで正月らしい食材を調達しました。
元気になってもらいたいと思い、いつもよりも奮発しました。
お雑煮も自分で作ったことがなかったので実家の母に電話して聞きました。

76: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:27:45.41 ID:xfpT2ete0.net
激務だったのかもしれません。
彼女の話を聞くと、事故の当事者や会社との間で板挟みにあったり、
色々と厳しい言葉を投げつけられたりしたのが、苦しかったみたいです。
色んな立場の人のことを思いやりすぎたんだと思います。
僕には彼女の仕事をどうすることもできませんでした。

77: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:34:36.66 ID:xfpT2ete0.net
元旦の日に彼女は僕の家に来てくれました。
けれど、風邪をひいていたようで体調は良くありませんでした。
ベッドでほとんど寝ていました。
用意していた料理は口にできませんでした。
翌朝、彼女は家に帰りました。

78: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:42:51.15 ID:xfpT2ete0.net
それから、彼女とは電話やメールはしても、直接会うことはできませんでした。
彼女は間もなくして休職し、ほとんど外出しなくなったからでした。
薬を飲んで寝てたりしていたようです。
僕はとても辛かったです。
彼女がそんな風になるまで、自分は何か出来なかったのか。
そんな気持ちが強く、しばらく何もやる気が起きませんでした。

83: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:52:58.41 ID:xfpT2ete0.net
それでも、彼女から電話で「私たちの将来のために頑張って」と言われて、
やる気を取り戻しました。
間近に迫る公務員試験の勉強を再開しました。
2回目の試験だったので、前回よりは緊張せず試験を受けることができました。
点数も前回のように危なげなく、無事に合格することができました。

84: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 22:14:18.46 ID:xfpT2ete0.net
筆記試験の合格を知り、翌日から官庁訪問しました。
結果は途中で駄目でした。
それからしばらくして、彼女から電話がありました。
彼女は結局退職し「今は誰とも付き合える状態じゃなく、
一緒にいてもお互い幸せになれない」と言われ別れることになりました。

85: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 22:30:45.50 ID:xfpT2ete0.net
結局僕は、就職し地元に戻りました。
戻る前に、クラスの友人やサークルの友人と会いました。
池袋の改札前で抱きしめてくれた友人のことをよく覚えています。
勉強仲間だったKとは会えずに終わったのが心残りでした。
彼女は僕にとって初めて自分よりも大切な存在でした。
失ったことが、一番大切なものをなくしたようで辛かったです。

86: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 22:44:01.00 ID:xfpT2ete0.net
初めて配属された職場は、皆さんとても優しく歓迎してくれました。
直属の上司である係長は、見た目からしていかにも九州男児で、
よく飲みに行きました。
課長は注文が多かったけれど、東京勤務の経験があり、
大学が東京だった僕に関心を持ってくれました。
課長もお酒が好きでした。冗談で、一緒に飲んでくれることが評価の基準と言ってました。
僕はほとんど断らずに一緒に飲みに行きました。

87: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 22:56:37.88 ID:xfpT2ete0.net
そのためか、課長は特に僕に優しかったです。
僕の高校の先輩でもあるOBの方を紹介してくれました。
その人は僕を色んな宴席の一員に加えてくれました。
組織内の色んな職場の人と知り合えることができました。
地元では、高校の同級生からよく遊びの誘いを受け、楽しい週末を送れました。

88: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 23:05:55.69 ID:xfpT2ete0.net
彼女とは別れてからも時折メールしていました。
未練もありましたし、心配もありました。
退職後、学校に通い直して、新しい職場で働いていることを彼女から教えてもらいました。
職場では毎年、異動希望を書かされました。
僕は毎年東京勤務を希望しました。
大学の友人にも会えるし、何より彼女に会いたいと思っていました。

89: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 23:15:23.12 ID:xfpT2ete0.net
東京勤務の場合、東京支社勤務と国への出向の2パターンがありました。
東京支社勤務の経験がある課長は前者を進めていました。
けれど、僕は国への出向を希望しました。
国への出向の場合、そのまま国の職員として残る可能性があったからでした。
彼女と再会し、もしうまく行った時のことを考えていました。
彼女は実家のある東京を離れられないかもしれないと思った上での選択でした。
課長は、国への出向はハードだから心配してくれました。
一方で、国に残れるならその方が僕にとっていいと背中を押してくれました。

90: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 23:20:46.21 ID:xfpT2ete0.net
異動の希望が叶うように自分なりに頑張ろうとも思いました。
日常の勤務はもちろん、様々な研修に参加したり、外部組織との交流にも参加しました。
日頃運動を全くしていなかったので、体力づくりも行いました。
出来るだけ残業しないようにして早く帰宅すると、
自宅近くの市民公園でジョギングをするようにしました。
最初は時間がかかりましたが、毎日のように練習を行い、
周回も増えスピードも速くなりました。ダイエットにもなり体重も落ちました。

91: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 23:27:13.21 ID:xfpT2ete0.net
異動は、課長の力添えもあり、国への出向が決まりました。
彼女にメールすると、とても喜んでくれました。
嬉しくて、はやる気持ちを抑えきれず、異動前の休日を利用して、
彼女に会いに行きました。
久しぶりの再会でお互い最初はぎこちなかったけど、
楽しい時間はあっという間に過ぎました。
まだ一緒にいたくて、僕は帰ろうとする彼女を初めて強引に引きとめました。

93: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 23:39:01.15 ID:xfpT2ete0.net
その夜、彼女から唐突に同棲の話を切り出されました。
予想していなかったので驚きました。
それでも、これから会えることをお互い楽しみにして次の日帰りました。

新しい職場は、各省出向者が大半で民間からの出向者も一部いました。
仕事はこれまでと内容等も違い大変でしたが、
上司も同僚も良い人ばかりで救われました。
仕事以外の付き合いも時折あり、楽しかったです。

94: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 23:45:05.10 ID:xfpT2ete0.net
東京に来てからは、彼女と毎日のように連絡を取り、
週末は一緒に出掛けたり僕の家で過ごしました。
僕は久しぶりの一緒の時間をゆっくり過ごそうと思っていました。
彼女は出産年齢などを気にして結婚を早く考えていました。
そのため、1年くらいは同棲した上で結婚を考えたいと、
早く同棲したがっていました。

95: 俊@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 23:58:08.98 ID:xfpT2ete0.net
僕も同棲には賛成でした。
2人で暮らすことを考えて家具をそろえたりしました。
ただ、新しい仕事にも慣れていないし、
彼女の両親に会い話を切り出す決心が固まっていませんでした。
国に出向したけど、そのまま東京に残れるか分からないからというのが理由でした。
そのことを話すと、僕はずっと東京勤務だと彼女は勘違いしていたようでした。
会わなければよかったと彼女に言われました。

96: 俊@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 00:10:53.83 ID:k+niN+Rb0.net
その後、彼女から、「例えば週に1回とか実家に帰ってもいい」
と言われ、僕が「別にいいよ」と言うと考え直してくれたようだった。
けれど、彼女の気持ちは僕から少しずつ離れていきました。
会う度に不満を口や態度で示されるようになりました。
会う頻度も段々と減っていきました。
彼女から受けた最後の電話で、
「両親や姉を東京に残して、僕の地元についていけない」
と言われました。僕はしばらくぼんやりしていました。

97: 俊@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 00:15:52.38 ID:k+niN+Rb0.net
彼女と別れてから間もなく、職場内で異動がありました。
誰もが嫌がる大変な仕事を任されましたが、上司や同僚の支えもあり、
何とかやっていけました。
大学や高校の友人と飲みに行ったりして気分転換もできました。
少しして、高校の友人の結婚式に出席することがありました。
幸せを願う気持ちと寂しい気持ちが混じった変な感じがしました。

98: 俊@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 00:42:36.72 ID:k+niN+Rb0.net
仕事が忙しくなり、少しずつ余裕がなくなっていきました。
僕は自分では気付きませんでしたが、
上司や同僚から、顔色が悪くやせたと心配されるようになりました。
一緒に出向していた同期からも同じようなことを言われたので、
体重計を買って乗ってみると、かなり体重が落ちていました。
確かにスーツが少し大きくなっている感じはしていましたが、
予想以上の結果でした。

99: 俊@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 00:55:14.18 ID:k+niN+Rb0.net
職場でパソコンに向かっていると、時々、
何で自分はここにいるんだろうと思うようになりました。
ある朝起きると、体が全然動きませんでした。
その日、初めて職場を休みましたが、週明けにはいつも通り出勤しました。
しばらくして、また職場内で異動がありました。
忙しいチームで人手が足りないとの理由でした。
上司も同僚も良い人達で環境は良かったです。
けれど、どうも体の調子がおかしく、病院に行くと
しばらく休んだ方がいいと言われました。
僕は職場に戻ることを希望しましたが、上からストップがかかり、
結局僕は地元に戻されることになりました。

100: 俊@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 01:19:19.77 ID:k+niN+Rb0.net
休んでいる間、職場の上司や同僚などに対する後悔の念が重くのしかかりました。
職場のホームページを見ては、業務の進捗を確認しました。
僕の病気は思った以上に悪かったようでした。
ある日、ふと病院ではなく外の空気を吸いたいと、東京に行きました。
特に行き先は決まっていませんでした。
友人に会ったり、職場に行ったりすることもありませんでした。
残された時間の中で、最後に会いたい人を考えた時、彼女と会いたいと思いました。
もう2度と会えることもないから、最後にと思いメールすると、
彼女から婚約したのでもう会えないとの返事が戻ってきました。
しばらくぼーっとしていましたが、幸せになれて良かったと思い、
おめでとうと返信しました。
行き先も告げず家を空けた僕を心配した母からのメールを見て、
僕は帰ることを決めました。
残された時間を有意義に過ごしたいと思っています。

長々とすみませんでしたl

101: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 06:42:22.66 ID:KRP7/OMy0.net
これからも色々と書いてよ

102: 俊@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 08:02:32.37 ID:k+niN+Rb0.net
最後まで読んで下さったのでしたら、本当にありがとうございます。
ただ、僕の勘違いでしたら申し訳ありませんが、ここに書いたのは事実なので、
「これからも色々と」いうのは難しい注文です。

103: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 08:08:22.73 ID:KRP7/OMy0.net
いや日々あったこととかさ日記化していいからさ

104: 俊@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 08:38:20.57 ID:k+niN+Rb0.net
日々あったことですか。

地元に戻されてからですが、新たに配属された職場は、
組織全体の中では割と忙しい部類の職場でした。
僕の係は全部で6名で、特に直属の上司である係長はとても面倒見の良い人です。
あと、大学のクラスの友人同士が結婚し、結婚式に出席しました。
式では久しぶりに会う友人と話すことができて良かったです。
1度でいいから結婚してみたいものですね。

106: 俊@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 12:38:47.58 ID:oIysN+ie0.net
人に恵まれている部分も、もしかしたらあるのかもしれません。
けど、はっきり言って、恵まれていないですよ。
誰からも忘れ去られた存在です。
羨ましがられることなんて決してないですよ。

108: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/06/02(火) 12:28:27.37 ID:8ROMTfHk0.net
辛いこともあっただろうけど愚かな人生だと思わないし、むしろ色んな人に出会えていい人生だと思うが

スポンサーリンク